爪水虫を完治して海を楽しむ女性

爪水虫(爪白癬(つめはくせん))とは

爪水虫(別名:爪白癬(つめはくせん))とは、その名の通り、爪にできる水虫の事です。
水虫の代表的な症状は足の皮がボロボロになることですが、その水虫の原因である「白癬菌(はくせんきん)」が爪を侵食することで爪水虫は発症します。

爪水虫は、足の水虫と比べると世間の認知度は低いですが、実は国内だけで1200万人以上の患者がいます。
10人に1人が罹っていると考えると非常に恐ろしい病気です。

では、なぜこれだけ多くの人が、爪水虫に罹患しているのでしょうか。

答えは簡単です。
爪水虫は非常に感染力が高いからです。

感染経路は様々ですが、一番多いのは家族からの感染になります。
あなた自身あるいは家族に爪水虫の罹患者がいる場合、格段に罹患率が高まります。

爪水虫は自然治癒しない病気ですので、早期に治療に取り組まないと自分自身を苦しめるだけでなく、家族に感染させてしまう恐れがあります。
爪水虫は気が付いたらすぐに治療を始めることが大切です。

水虫と聞くと「治療が大変なのでは?」と心配される方もいらっしゃると思いますが、安心してください。

私は爪水虫を治しました。

爪水虫を治療中に調べた知識や、実際に効果を実感できた治療法をまとめましたので、是非ご活用下さい。



爪水虫(爪白癬)の症状

初期症状

爪水虫の初期症状は、爪の見た目が変化することです。
主な症状として、爪の表面が凸凹して艶がなくなり、色が濁る等の症状が表れます。

爪には神経がないため、初期症状では爪の見た目が変わるくらいで、痛みを訴える患者はほとんどいません。
そのため、治療の緊急性を感じる患者が少なく、爪水虫に気が付いても治療しないで放置する人が多いのが実態です。

爪水虫の主な初期症状

  • 爪に白い縦筋ができる
  • 爪の色が濁る(白濁色、黄色など)
  • 爪が分厚くなる
  • 爪の表面が凸凹して艶がなくなる(ザラつく)
  • 爪の表面がボロボロと崩れる

爪水虫(初期症状)の写真

深刻化した症状

爪水虫は症状が進行すると、爪の強度が脆くなり、爪がボロボロと崩れ始めます。
そして、最悪の場合、爪が剥がれ落ちるケースもあります。

爪水虫が進行すると…

  • 爪が変色する(褐色、黒色など)
  • 爪の先端が崩れて深爪になる
  • 爪が浮き上がる
  • 爪が剥がれ落ちる
  • 靴下の着脱時や歩行時に患部が痛む
  • 爪の周りが炎症を起こして赤く腫れ上がる

爪水虫(末期症状)の写真


爪水虫は初期段階では、痛み等の症状が出ないため放置してしまいがちですが、油断せずに早期に治療を始めることが大切です。

また、初期段階であっても、実際に日常生活に支障が出ている人も沢山いますので、改めてご自身の生活を振り返ってみて下さい。

サンダル女子

可愛いサンダルを買ったのに素足を出すのが怖くて一度も履いてません。ネイルで隠そうと思ったけど、余計に悪化したら嫌だし…。


スパ好きのオジサン

今まで通っていたスパに他のお客さんの目が気になって行けなくなりました。早く治したいです!


ネイル女子

ネイルサロンに行った時に、他のお客さんに感染するかもしれないという理由で施術を断られました。本当に恥ずかしい思いをしました。


爪水虫のオジサン

奥さんに移してしまいました。


お泊り女子

彼氏の家でお泊りすることになったけど、裸足を見られたくなくて寝るときも靴下を履いてました。



爪水虫の原因

水虫の原因菌である白癬菌の繁殖

爪水虫は、水虫の原因菌と同じく白癬菌(はくせんきん)というカビが、爪まで侵食することで発症します。

爪に侵食するということは、爪に繋がる部位(足の裏など)も高確率で水虫になっています。
実は爪水虫患者のほとんどが、足の水虫も併発しているのです。

水虫の原因である白癬菌は、湿度70%以上、温度15℃~20℃以上の環境を好みます。
そんな白癬菌にとって絶好の環境が皆さんの身近にもあります。

それは、靴の中です。

(個人差はありますが、)30分歩いただけで、靴の中の湿度は90%以上、温度は30℃以上になるというデータがあります。

特に革靴やブーツなどの通気性の悪い靴を履いたときは最悪です。
通勤・通学の道中だけで、白癬菌が大好きな環境を作り出しているのです。

靴の中で白癬菌が活性化して、足水虫・爪水虫になるのが典型的な発症ルートです。

また、爪水虫は上記のように自身で白癬菌を活性化させてしまう以外にも、感染による発症も考えられます。
主な感染ルートはコチラです。

爪水虫の主な感染ルート

家庭内感染

爪水虫の感染の可能性がある家族

白癬菌保有者(水虫)の家族がいる場合、足拭きマットやスリッパの共有は止めましょう。
白癬菌保有者が使用した足拭きマットやスリッパには白癬菌が付着している可能性が高く、後から使用した家族は感染する可能性が非常に高まります。

また、どこに白癬菌が潜んでいるか分からないので、家の中を裸足で歩くのは避けるべきです。

爪水虫患者の爪は非常に脆く崩れ易いため、爪の欠片が床に落ちている可能性が高いです。
この崩れ落ちた爪の破片には白癬菌が付着しているので、素足で踏んでしまわないように注意しましょう。

爪水虫の感染経路で一番感染者が多いのが家庭内感染です。
日頃から感染しない・させないを心がけて頂きたいと思います。

ペットからの感染

爪水虫の感染の可能性があるペット

白癬菌は人間だけでなく、動物からも感染します。
特に気をつけたいのはペットです。

白癬菌を保有しているペットと触れ合うと、そこから感染する可能性があります。
犬や猫が感染している場合、円形脱毛や脱毛部にかさぶたが出来ていたり、爪の変形や炎症が見られるので一度ご確認ください。

屋内スポーツで感染

爪水虫の感染の可能性があるヨガマット

柔道や体操、ヨガなど、裸足で行う屋内での運動が原因で感染することがあります。
畳やマットに付着した白癬菌が原因で感染するのです。

先日、柔道の選手が白癬に集団感染したというニュースを見ましたが、ニュースで注意喚起されるくらいリスクの高い感染経路ということです。



私が爪水虫を治した方法

爪水虫の治療法は大きく分けて3種類あります。

  1. 外用薬(塗り薬)による治療
  2. 内服薬(飲み薬)による治療
  3. レーザー照射による治療

内服薬やレーザー治療は症状が深刻化した場合の治療法になりますので、私は市販の外用薬(塗り薬)で治療しました。

爪水虫は、爪を見れば自分でも初期症状なのか深刻な状態なのかは判断できますし、病院で診てもらうには色々と気になるところがあったので、市販の薬で治療する方法を選択しました。

市販の塗り薬を選んだ理由

  • 爪水虫の完治には時間がかかるため、その間病院に通い続けるのは、時間的にも金銭的にも厳しい。
    ※治療期間の目安:6ヶ月~12ヶ月(1年)
    ※治療費の目安:3万円~4万円
  • 内服薬(飲み薬)の副作用には、肝機能に悪影響を与えるようなリスクが認められている。
  • 長期間薬を飲み続けることに抵抗がある(その間お酒が飲めないのも辛い…)
  • 病院で水虫を診てもらうのに抵抗がある。

この通り、病院や内服薬を頼ることに対する抵抗が大きかったため、評判が良いクリアネイルショットという市販薬で治療することにしました。

クリアネイルショットを選んだ理由

クリアネイルショット

  1. 浸透力が高い
    爪は固いたんぱく質でできているため、今までの外用薬(塗り薬)では、薬の有効成分が爪の奥深くまで浸透しないと言われてきました。
    しかし、クリアネイルショットは爪の特性を解明して、従来の塗り薬より浸透力を格段に向上し患部に素早く働きかけることができるのです。
    ※公式ページでは、イラストを使ってより詳しく解説されていますので、是非ご参照ください。
  2. 有効成分が十分配合されている
    爪水虫の原因菌である白癬菌の殺菌成分も複数配合されていることもポイントです。
    浸透しても殺菌できなければ意味がありませんからね。
  3. 体への安全性
    植物由来成分で作られているため、内服薬の副作用にあるような危険性はありません。
  4. 手軽に治療できる
    1日1回。
    お風呂上りに、患部の水滴を拭き取って薬を塗るだけなので非常にお手軽です。
  5. 全額返金保証付き
    全額返金保証付きなので、万が一効果を実感できなかった場合は、問い合わせすれば良いと気軽に注文できました。

誰でも初めて治療に取り組む時は「本当に治るのかな?」と不安になると思いますが、私はクリアネイルショットをおすすめします。

悩むことも大切ですが、一番大切なのは、早めに治療を始めることです。



爪水虫の治療方法についてもっと詳しく知りたい方はコチラの記事をご覧下さい。